×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナントカと人(β)


やる気を出したいときに聴く音楽 ブライアン・セッツァー


<ジョニーのベスト3>

1位「In The Mood」/Brian Setzer Orchestra

やんちゃなオジサマ、ブライアン・セッツァーの見事なカヴァー。
やる気が出ないといったらレッド・ロブスターに申し訳が立ちません。
目覚ましの音はこれに尽きる!!!
朝も早よからロカビリーでご機嫌なのはいかが?



収録アルバム:ベスト・オブ・ザ・ビッグ・バンド



2位「I can tell」/The Neatbeats

いまや日本のR&R界の核弾頭!?
NEATBEATSの昔のライブです。
I can tellという名曲を、難波のご機嫌なロックンロールに見事にアレンジ。
現役バリバリの彼らから、今年も目が離せませぬ。
(決してあたくしがニートだから応援しているわけではございません(´・ω・`)



収録アルバム:GOLDEN GOODIES SHOW



3位:「Magic Sam Boogie」/Magic Sam

シカゴ・ブルースの巨匠、マジックサムのギターテクに、気分はもぅデルタ!!(ミシシッピ的な意味で)



収録アルバム:The Late Great Magic Sam



ロカビリー、難波R&B、ブルースとファンキーな取り合わせが実現しました。
ご機嫌サウンドが炸裂です。
確かなテクニックと音楽性+ノリというところでしょうか。

間違いなく踊れる。

特にこの中でも、ブライアン・セッツァーは素晴らしい!
ミュージシャンとして、ビッグバンドの形態で活動することは、超リスキーなことなんです。
なにせ、一定のギャラをメンバーに分けなければいけませんから、自ずと維持費がハンパじゃないことになります。
そのリスクを負ってなお、自分の音を追及し、大ヒットを生み出したこのおじさんはマジで


カッコイイ!!


通勤電車で聴いたら、ファンキーリーマンになれること間違いなし。


決して、流行に迎合しない、ソリッドでロックでソウルでファンクなコンピの実現です。


第一走者:ツトム第二走者:ジョニーアンカー:ack
ツトムのベスト3
ジョニーのベスト3
coming soon...


コラムトップへ…