×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナントカと人(β)



南蛮のお城に迫リスボン!

建て、建つんだ、城 vol.9 サン=ジョルジュ城

お憑かれ様でございます、ジョニーでございます。

毎回オシャレなお城をナントカ紹介しております、この「建て、建つんだ城」。




今回はなんとも珍しい、足で稼いだポルトガルのお城を紹介します。

第一弾はサン・ジョルジュ城でございます。


サン=ジョルジュ城外観

サン=ジョルジュ城外観


サン・ジョルジュ城はポルトガルの首都、リスボンの中心にある丘の上にある城です。

山城であるあたり、戦国の世のお城であることは、日本も外国もそう変わりはしないでしょうね。

サン=ジョルジュ城外観

元々このお城、時代はユリウス・カエサルまで遡ります。

そう、つまりは紀元前1世紀、日本でいうなら弥生時代ってやつですな。



この時代、ローマがヨーロッパではかなりイケイケでございまして、

このお城もローマ人の手によって作られたそうです。



その後は西ゴート族・イスラム教徒・キリスト教徒とその主を変え、

現在のようなお城になったのは西暦1500年ころの話だとか。


サン=ジョルジュ城外観

サン=ジョルジュ城外観

西暦1500年の時点ではまだ日本は室町時代。乱世への香りはプンプンさせていた頃ではありますが、まだまだ現在の天守閣のようなスタイルはありませんし、
ちょっとした年代物ではあります。



かなり城壁なんかも美しく残っており、やはり

西洋のお城への思いも、こちらに負けず劣らず、すばらしいものだったよう

ですね。



サン=ジョルジュ城外観

サン=ジョルジュ城外観


今後とも引き続き、ポルトガルのお城をご紹介していきます。




それでは次回を乞うご期待!!

お相手はジョニーでございました。





お後がよろしいようで。

コラムトップへ…